読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちだいじに

キラキラおばさんのブログです

青空SEASONのここが好きだ



青空SEASONのことが好きでロマンティックが止まらないのでなぜここまで好きなのか考えました。




①メンバーが最高

言わずもがな中等部である

1期やドラマCDからなんとなくそれなりに仲は良いんだろうな、わだかまりなくお互いがお互いのこと友達でありライバルとしていい意味で認識し合ってるんだろうな、でもなかなか絡みないな、4人でワァーってやらないかな


そんなファンの切望が叶った曲である

3幕で感動していたところに突然カップリングとしてCMで発表された

予想外のことが起きると人はむせび泣く




②歌詞の題材が最高

ハイキングなのかバーベキューなのか、とにかくアウトドアである

そこそこインドアそうなこのメンバーを揃えておいてアウトドアである

最高と言うほかない

恐らくこの中の誰かが「外に遊びに行こうよ!」と言ったことになる




③歌詞の内容が最高

男子高校生である

全楽曲中でも一二を争う青春っぷり、4人全員にとって「楽しい想い出」になったようでよかったです

思い出ではなく想い出である

釣りで経験値を上げようとする申渡に対してさりげなく次の約束をする月皇くんがまぶしい

麦茶を淹れたり魚釣ろうとし出すエレガンスも、それをアワアワしたりやれやれしたりしながら見てた2人も時間を忘れるくらい楽しめたのだと推察できる

わたしは泣いた


普段オシャレな言葉選びをする六ツ見さんが各キャラクターの性格に寄り添った上で書く、等身大の男子高校生の青春である

不純物が一切ない(最重要ポイント)




④メロディーが最高

渡辺翔大先生ありがとうございます

明るすぎずふわっとしすぎず、爽やかさに全振りのメロディーラインである

中等部という場で基礎を培った「人並み以上」の実力者たちが歌う曲として、単調で覚えやすい主旋ではなくちょっと遊びを加えた音階なのが最高超えてる


「深呼吸〜」と「それはまた〜」のパートが個人的に一番中等部を感じる

きちんと音程をとれる人が歌いこなしている感じがして歌上手い…となる




⑤那雪くんから始まるのが最高

パート分けの構成としてほとんど那雪が切り込み隊長になっている

感受性カンストオタクはそれだけで天を仰ぎ静かに涙を流す


学年トップを争う3人と比べ、那雪くんはどうしても自分の実力に引け目を感じているところがある(と思う)

しかし、3人にとってはそんなこと関係なく中等部を共にした仲間という事実に変わりないと思っている(といいなぁ)

実力云々ではなく気の合う友達、仲間といるからこそ、堂々と楽しそうに先陣を切って歌える那雪くん…

イキイキとした彼の歌声は涙なしでは聴けない

余談だが推しである




⑥声の相性が最高

全体的に柔らかい声質の持ち主が多い

いい意味で声の主張が強すぎないキャラクターばかりである

特にノブヒコ氏は、辰己のキャラソンとなると毎回普段とかなりギャップのある、柔らかさを含んだ声になるからすごい

気持ちはUnisonしているが、サビも綺麗にユニゾンしている




⑦申渡栄吾の歌が上手くて最高

いつものことである




⑧タイトルが最高

青空の季節である

「めぐりゆく季節 空、見上げて」

とある通り、4人は青空を見るたびこの季節のこの想い出を思い出すのである

素晴らしいがすぎる

PVを撮るときはぜひ遊んでいるシーンを中心に編集していただきたい

4人の素の笑顔をたくさんフィルムに収めていただきたい





青空SEASON最高です。

カップリングのRISING STARも最高なのでよろしくお願いします。